都電シリーズ05 大名屋敷の庭園散歩【早稲田】

「都電で出かけよう」

シリーズ第2の停留所は都電荒川線の折り返し駅

山の手サイドの終点となる「早稲田」

そこから徒歩10分足らずの場所に「新江戸川公園」はある。

幕末に熊本藩細川氏の下屋敷に造られた日本庭園で

現在は文京区立の公園として一般に公開されている。

もともとは目白台の台地から出る湧水を利用した「回遊式泉水庭園」であり

中央に大きな池を擁し、それを周回するように散策路が設けられている。

目白台の台地へと続く斜面がつくる立体的な地形を活かした

見事な大名屋敷の庭園を体感できる。

「新江戸川公園」

文京区目白台1-1

都電荒川線「早稲田」停留所下車徒歩約7分

コメントを追加する
この動画を評価する
  
う~ん……へぇ~普通すごい!クール!!
(No Ratings Yet)
Loading...