漫画で紡ぐイタリアと日本の友情♥イタリアに広がる日本ブームと、漫画の影響力の現状とは!?ミラノマンガフェスティバル2013レポート

【池袋テレビ】~池袋アニメ道~

2013年5月3日~7月21日
イタリア共和国・ミラノ市で、日本の漫画を紹介する展示会が開催されました。

日本マンガ、200年の時空を巡るタイムトンネル、絵巻物を展開。
1814年の北斎漫画から、時代を代表するマンガ作品を出版社等の協力のもと、圧倒的なボリューム&スケールを誇る漫画ワールド。

イタリア人スタッフのステファニアに展示会場の案内をしてもらいながら、この企画の魅力をお伝えします!
イタリア人が日本漫画への想いを語ったインタビューと共にご覧ください♪

*****

「ミラノマンガフェスティバル(2013)」

主催:イタリア ミラノ市

企画製作:アサツー ディ・ケイ

後援:在ミラノ日本国総領事館、在日本イタリア大使館、伊日財団 ほか
助成:国際交流基金

総合監修:清水勲(漫画・風刺画研究家、日本漫画資料館主宰)
現代マンガ監修:竹内オサム(漫画研究家、同志社大学社会学部メディア学科教授)

協力:秋田書店、アスキー・メディアワークス、潮出版、エンターブレイン、角川書店、講談社、実業之日本社、集英社、小学館、祥伝社、少年画報社、スクウェア・エニックス、竹書房、日本文芸社、白泉社、早川書房、双葉社、マガジンハウス、メディアファクトリー、リイド社 ※五十音順 著作者・著作権者
大阪国際児童文学振興財団、京都国際マンガミュージアム、コミケット準備会、コミティア実行委員会、イーブックイニシアティブジャパン、パピレス、Edizioni STAR COMICS ほか

メイン会場:
ロトンダ・ディ・ビア・ベザーナ

==池袋×アニメ==
東京豊島区にはアニメイト本店、乙女ロード、トキワ荘などがあり、
池袋の街は秋葉原に次ぐ、アニメ・オタク街となっている。
今年イタリア・ミラノで開催された『ミラノマンガフェスティバル』
アニメやコスプレ文化が根付いている池袋を代表し、我々がイタリアに飛びました!

※音楽提供:「フリーBGM・音楽素材MusMus(http://musmus.main.jp)」様
「使用フリー音楽素材・効果音素材 TAM Music Factory(http://www.tam-music.com)」様

コメントを追加する
この動画を評価する
  
う~ん……へぇ~普通すごい!クール!!
(No Ratings Yet)
Loading...