4年以内にM7級の直下型地震 徒歩帰宅訓練に不完全密着 取材前編

【池袋テレビ】池テレ!
 ~池袋ニュース~

【注意点】カメラマンも歩きながら撮影しているため、一部、画像が乱れています。気分が悪くなった場合は、視聴を控えてください。

《4年以内にマグニチュード7クラスの南関東直下型地震が70%の確率で発生する》
東大地震研の発表は、一部ではその正確さに疑問の声も出ていますが、市民の目を引くニュースでした。
地震への警戒心が高まっているなか、2月3日に、東京都、埼玉県などが合同で、大規模災害を想定した帰宅困難者対策訓練が行われました。
その一貫として、池袋西口公園から新座市役所までと、埼玉県庁までの2ルートを実際に徒歩で帰宅する訓練も行われました。
池袋テレビでは、新座市役所までの17キロをほぼ密着取材!

平成16年(2002年)から行われている訓練ですが、ほとんどの方が初参加。
参加者は個人、団体などさまざま。勤め先の業務の一貫として参加する方もいれば、休暇をとって参加する方もいました。
年配の方が多く、実際の帰宅ルートとはまったく違う方も見受けられました。
参加者は計150人(新座市役所までが約50人、埼玉県庁までが100人。

みんな早い早い! トップグループには75歳の健脚男性も!
前編、後編に分けてお届けします!

【後編】
http://ikebukurotv.com/news/13-jimotonews/379-news20120225sonbi

 


この動画を評価する
  
0 人が評価しています