消費者庁のエリート官僚夫婦の自殺~豊島区のマンションで

~SPtakaニュース~

2013/1/27日午前3時ごろ、東京都豊島区高田2のマンション敷地内で、男女2人が血を流して倒れているのを住民が発見し110番した。警視庁目白署によると、2人はこのマンションに住む消費者庁審議官の神宮司史彦(じんぐうじ・ふみひこ)さん(52)と妻(53)で、搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。部屋から妻が書いたとみられる遺書が見つかった。家庭内のトラブルが記されており、同署は2人が飛び降り自殺を図ったとみている。
同署によると、神宮司さんは廊下に面した共有スペースから、妻は自宅の部屋の窓から飛び降りたとみられる。2人は約12メートル離れて倒れていた。
神宮司さんは公正取引委員会に82年に採用されたキャリア官僚。官房総務課長などを経て、11年8月から消費者庁に出向していた。審議官は長官、次長につぐポスト。(毎日新聞)


この動画を評価する
  
0 人が評価しています